女房の浮気を告白します!!

女房の浮気を告白します!!

浮気している女房をもつ亭主の体験談

メニュー

妻の浮気が本気であることへの悩み

妻の浮気が本気であることへの悩み

妻の浮気という重大な悩みを抱えたまま私の新潟での単身赴任生活、さらには探偵社探しがはじまった。単身赴任先の仕事はそれなりに充実していたものの、探偵社探しは予想外に難航し、仕事を終えた後、深夜まで浮気調査業者を紹介するウェブサイトを眺める日々が続いた。

妻の浮気を調査する探偵社が決まるのに1ヶ月以上かかり、さらにそれから3ヶ月後、妻の浮気調査を依頼していた探偵社から連絡が入った。妻の浮気調査の結果報告である。

探偵社は妻の30日間の行動調査を予定通りに終わらせてくれた。このプロの技には凄さを感じた。

私が調査報告を受け取ることができたのは、それから1ヶ月後のことになる。

私は探偵社に仕事が忙しいことを理由に報告を受けるのを先延ばしにした。

この本当の理由は、妻の浮気が確実なものとなったときに、私の悩みがもっと大きくなるのを先延ばしにしたかった。つまり真実を写真で報告されることが怖くなったのだ。

それまで義妹が教えてくれた妻の浮気を私が想像するだけのものであった。でもその報告書には浮気相手の男が写っている。またそこに一緒に写っているのは妻の淳美である。気の弱い私には探偵社に調査を依頼しながら、報告書を受ける勇気がなかった。

探偵社は、このような私の心を無視するかのように報告書を事前に郵送すると言ってきた。私は拒否をした。悩むことをさらに先延ばしにしたかった。

それから1ヶ月後、私は探偵社から妻の浮気についての報告を受けた。

探偵社の報告では、妻の浮気相手は34歳で高橋という男である。その男は4ヶ月前に広告デザイナーとして独立している。現在、妻は以前まで働いていた広告会社を退職し、独立した男のアシスタントをしている。

男は自宅で仕事をしているため、毎日、妻は男のマンションに通っている。それも、娘たちが家を出てから帰宅するまでの午前8時から午後7時までである。

そのとき探偵社から証拠品として手渡された写真には、妻と男が普通の夫婦のように仲良く腕を組んで買い物をしている姿、それに妻と男が玄関先で妻の帰宅を拒むかのように抱き合っている姿が写っていた。

このとき目の前にある浮気調査報告書には、妻が浮気をしている場面がたくさん写真となり貼られていた。私はページを捲るたびに悩みの奥底に引き摺り込まれていった。

 

それに私が単身赴任をしてから1ヶ月も経っていないうちに、妻と男は伊豆へ浮気旅行をしていた。その証拠となる写真も探偵社から受け取った。

それから最後に、妻の浮気に対して決着をつけなければいけない重大な報告を受けた。

 

メニュー

妻の浮気が本気であることへの悩み


Copyright ©女房の浮気を告白します!! All rights reserved.

ログイン